ふるさと納税ワンストップ特例制度

公開日 2022年03月18日
最終更新日 2022年04月05日

寄附金税額控除に係る申告特例(ワンストップ特例制度)とは、確定申告や住民税の申告が必要のない方で、ふるさと納税先団体が5団体以内の場合はそれぞれに申請書を提出することで、確定申告や住民税申告を行わなくても、ふるさと納税についての寄付金控除を受けられる制度です。

総務省ふるさと納税ポータルサイト(外部リンク)

適用条件

  • もともと確定申告が必要ない給与所得者などであること※
  • ふるさと納税先が5団体以内であること

※自営業の方や医療費控除などで確定申告を行う方は対象外です。

申請方法

  • ワンストップ特例制度の適用を希望する方は、申請書に必要事項を記入の上、出雲崎町役場までご提出ください。
  • 申請書は寄附申込み時に希望された方へ、寄付金受領証明書とあわせて郵送します。同封の返信用封筒に申請書と必要書類を入れて郵送してください。切手を貼る必要はありません。
  • ワンストップ特例申請を町で受け付けた場合は、申請を受け付けた旨をメールで連絡します。

様式

必要書類

マイナンバーカードをお持ちの方

  • マイナンバーカードの両面コピー

マイナンバーカードをお持ちでない方

  1. 個人番号が記載された住民票のコピー、または通知カードのコピー(令和2年5月25日以降に氏名・住所などに変更が生じた場合は通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用できません)
  2. 本人確認書類のコピー(顔写真がないものは2種類必要です)

本人確認書類の種類

【1種類でよいもの】
運転免許証、運転経歴証明書、旅券、身体障害者手帳など

※顔写真、氏名、生年月日、住所が確認できる面のコピーが必要です。転居、氏名変更などをしている場合はそれらの変更が確認できる面もコピーしてください。

【2種類必要なもの】
保険証、年金手帳、納税証明書、印鑑登録証明書、戸籍の附票、住民票など

提出期限

寄附をした年の翌年1月10日(必着)

特例申請後の住所等変更について

引っ越しや結婚などにより、申請後に内容の変更があった場合は、翌年1月10日までに変更届を各納税先団体に提出する必要があります。

※変更事項を確認できる書類のコピーを必ず添付してください。

その他

  • 確定申告を行った場合やふるさと納税先団体が6団体以上となった場合は、ワンストップ特例の申請が無効となります。
  • 確定申告などの際は、町から郵送された寄付金受領証明書が必要になります。

お問い合わせ

総務課 地域政策室企画係
住所:出雲崎町大字川西140番地
電話番号:0258-78-2290
ファクス:0258-78-4483

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード
お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。