固定資産税とは

毎年1月1日(賦課期日)現在で町内に土地・家屋・償却資産を所有している人が、その固定資産の価格を基に算定される税額を町に納めていただく税金です。
また、固定資産税は一般的な財源に充てられる普通税です。

課税の対象となる固定資産税

区 分

種 類

土 地

田、畑、宅地、山林、池沼、牧場、原野など

家 屋

住宅、店舗、工場、倉庫、事務所など

償却資産

土地・家屋以外の事業用設備、機械器具など

税額の算出方法

固定資産税は次の手順で税額を決定します。

固定資産の
評価

固定資産の評価は、全国的に評価の均衡・公平を図るため、総務大臣が定めた「固定資産評価基準」に基づいて行われ、出雲崎町長が価格を決定し、固定資産課税台帳に登録します。

課税標準額の
算定

課税標準額は、原則として固定資産課税台帳に登録された価格(評価額)と同一になります。
しかし、土地における負担調整措置や住宅用地に係る課税標準の特例措置が適用される場合は、課税標準額は価格より低く算定されます。

税額の計算

税額 = 課税標準額 × 税率(1.4%)

※算出された税額は、4月中にお送りする納税通知書によって通知します。

免税点(税金のかからない限度額)

町内に同一人が所有する土地・家屋・償却資産のそれぞれの課税標準額の合計が次の金額に満たない場合には、固定資産税は課税されません。

種 類 免税点
土 地 30万円
家 屋 20万円
償却資産 150万円

お問い合わせ

町民課 税務係
住所:出雲崎町大字川西140番地
電話番号:0258-78-2292
ファクス:0258-78-4483
お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。