介護保険料について

介護保険料は40歳以上のみなさまから納めていただく保険料のことです。みなさまの共助により介護保険制度は支えられています。

40歳から64歳の方(第2号被保険者)の保険料

国民健康保険に加入している方

同世帯の40歳から64歳の方みなさまの介護分を医療分と合わせて、国民健康保険料として世帯主から納めていただきます。

職場の健康保険に加入されている方

医療分と介護分を合わせて、給与から差し引かれます。40歳から64歳の被扶養者の方は、個別に保険料を納める必要はございません。

65歳以上の方(第1号被保険者)保険料

保険料は年金から納める「特別徴収」と納付書または口座振替で納める「普通徴収」で個別に納めていただきます。保険料の「基準額」は70,600円(年額)で、所得に応じた負担となるよう9段階の保険料に分かれます。

段階 対象者 年間保険料額
第1段階

世帯員全員が住民税非課税の老齢福祉年金受給者または生活保護費受給者

21,100円
(基準額 × 0.3)

世帯員全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額と公的年金等収入額の合計が80万円以下の方
第2段階 世帯員全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額と公的年金等収入額の合計が80万円超120万円以下の方

35,300円
(基準額 × 0.5)

第3段階 世帯員全員が住民税非課税で、前年の合計所得金額と公的年金等収入額の合計が120 万円超の方 49,400円
(基準額 × 0.7)
第4段階 本人が住民税非課税、世帯員で課税者がいる方で、前年の合計所得金額と公的年金等収入額の合計が80万円以下の方

63,500円
(基準額 × 0.9)

第5段階 本人が住民税非課税、世帯員で課税者がいる方で、前年の合計所得金額と公的年金等収入額の合計が80万円超の方

70,600円
(基準額)

第6段階 本人が住民税課税、本人の合計所得金額が120万円未満の方

84,700円
(基準額 × 1.2)

第7段階 本人が住民税課税、本人の合計所得金額が120万円以上200万円未満の方

91,700円
(基準額 × 1.3)

第8段階 本人が住民税課税、本人の合計所得金額が200万円以上300万円未満の方

105,900円
(基準額 × 1.5)

第9段階 本人が住民税課税、本人の合計所得金額が300万円以上の方

120,000円
(基準額 × 1.7)

保険料の納め方(特別徴収:年金から納める方)

年6回、年金受給月に年金から天引きされます。

徴収月 徴収の方法

4月【第1期】
6月【第2期】
8月【第3期】

【仮徴収】
年額保険料が確定していないため、仮に算定された保険料額を納めていただきます。
10月【第4期】
12月【第5期】
2月【第6期】
【本徴収】
確定した年額保険料から仮徴収分を差し引いた額を、3回に分けて納めていただきます。

保険料の納め方(普通徴収:納付書または口座振替で納める方)

年度途中で加入された方や、ご住所(県市町村)が変わられた方は、普通徴収となります。4月から翌年3月の年12回に分けて納めていただきます。
※一定期間後に特別徴収へ自動的に切り替わります。

納付書で納める方

町から納付書をお送りしますので、納付書記載の金融機関等で納期限までに納めてください。

口座振替で納める方

口座振替をご希望の方は、「納付送付依頼書」を町内金融機関、または郵便局にご提出ください。
※手続きの時期により口座振替の開始月が異なります。

 

年度の途中で資格を取得・喪失した場合

  • 年度の途中で資格取得(65歳到達・転入等)した場合は、資格取得月から保険料を月割額で算定します。
  • 年度の途中で資格喪失(死亡・転出等)した場合は、資格喪失日の前月までの保険料を月割額で算定し、介護保険料額が変更となった場合は、後日「介護保険料変更決定通知書」をお送りします。
  • 介護保険料額の変更に伴い、保険料が納めすぎとなった場合は還付します。(ご本人さまがお亡くなりの場合は、ご遺族さまに還付します)

お問い合わせ

町民課 税務係
住所:出雲崎町大字川西140番地
電話番号:0258-78-2292
ファクス:0258-78-4483