小児用肺炎球菌のワクチンが変わります

公開日 2013年11月01日
最終更新日 2015年03月01日

小児用肺炎球菌のワクチンが変わります

11月1日より定期予防接種として使用している小児用肺炎球菌ワクチンが現在の沈降7価肺炎球菌結合型ワクチンから沈降13価肺炎球菌混合型ワクチンに変更されます。

これまでのワクチンとの違い

現在使用されているワクチンには7種類の肺炎球菌の成分が含まれていますが、新しく使用される13価ワクチンには13種類の肺炎球菌の成分が含まれています。
そのため、従来よりも多くの種類の菌に対して予防効果が期待できると考えられています。

既に接種を開始されていて、途中接種の方

11月1日以降は、13価ワクチンのみが定期予防接種対象ワクチンとなりますので、お子さんの接種歴や残りの回数をご確認の上、13価ワクチンを接種して下さい。
また、スケジュールも一部改正された部分がありますので、詳しくは下記の厚生労働省ホームページと肺炎球菌接種スケジュールをご確認下さい。

厚生労働省ホームページQ&A

肺炎球菌接種スケジュール

肺炎球菌 接種スケジュール[PDF:137KB]

お問い合わせ

保健福祉課 保険健康係
住所:出雲崎町大字川西140番地
電話番号:0258-78-2293
ファクス:0258-78-4483

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード
お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。