四種混合予防接種のお知らせ

公開日 2012年11月30日
最終更新日 2015年03月01日

平成24年11月1日から、従来の三種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風)に不活化ポリオワクチンを混合した「四種混合ワクチン」が定期接種に位置づけられました。

四種混合ワクチンは、三種混合ワクチンまたは単独ポリオワクチンいずれも接種していない方が対象となります。

出雲崎町では、平成24年6月1日以降に生まれた方を四種混合ワクチンの接種対象としており予診票は10月末に郵送しています。

四種混合ワクチンが不足しています

全国的に四種混合ワクチンの供給が不足しており、解消の見込みが立っていないことから、四種混合ワクチンの接種が難しい状況にあります。

予防接種を遅らせると、免疫を持たない子どもが増え感染症がまん延するおそれがあります。特に、乳児が百日せきにかかると重症化することがありますので、百日せきワクチンの接種を遅らせることはお勧めできません。

このため、四種混合ワクチンの入荷を待たずに、生後3か月を過ぎたら早めに三種混合ワクチンと単独不活化ポリオワクチンを接種しましょう。(四種混合と同様の効果が得られます。)

三種混合ワクチンと単独不活化ポリオワクチンを接種される場合は、予診票をお渡ししますので保健福祉課保険健康係の窓口へお越しください。

お問い合わせ

保健福祉課 保険健康係
住所:出雲崎町大字川西140番地
電話番号:0258-78-2293
ファクス:0258-78-4483
お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。