固定資産税のあらまし

公開日 2015年03月01日
最終更新日 2015年03月01日

固定資産税は,毎年1月1日現在で,土地,家屋,償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)を所有している人がその固定資産の価格をもとに算定される税額を,その固定資産の所在する市町村に納める税金です。

課税の対象となる固定資産

土地 =田,畑,宅地,山林,雑種地など
家屋 =住宅,店舗,事務所,工場,倉庫など
償却資産 =事業のために用いることができる構築物,機械,船舶,航空機,車両,器具,備品など

固定資産税を納める人(納税義務者)

固定資産税を納める人は,1月1日(「賦課期日」といいます。)現在の固定資産の所有者です。
※ 所有者として登記(又は登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合には,賦課期日現在で,その土地,家屋を実際に所有している人が納税義務者となります。

税額の計算方法

固定資産税は,次のような手順で税額が決定されます。
→ 固定資産を評価し,その価格を決定し,その価格をもとに課税標準額を算定します。
→ 課税標準額×税率(1.4%)=税額となります。
→ 毎年4月(評価替えの年は5月)に、税額等を記載した納税通知書を,納税義務者あてに通知します。

お問い合わせ

町民課 税務係
住所:出雲崎町大字川西140番地
電話番号:0258-78-2292
ファクス:0258-78-4483
お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。