新型コロナウイルス環境下での新しい生活様式における熱中症予防

公開日 2020年07月08日

最終更新日 2020年07月08日

  新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、今後は一人一人が感染防止の3つの基本である「1.身体的距離の確保」、「2.マスクの着用」、「3.手洗いや『3つの密(密集、密接、密閉)』を避ける」などの対策を取り入れた新しい生活様式の実践が求められています。

 これまでとは異なる生活環境下であることから、十分な感染症予防を行ったうえで、熱中症予防もこれまで以上に心掛けていく必要があります。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

  熱中症予防行動リーフレット[PDF:720KB]

暑さを避けましょう

 〇感染症予防のため、換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

 〇外出時は暑い日や時間帯を避け、日傘や帽子を活用しましょう。

適宜マスクを外しましょう

 〇屋外で人と十分な距離(2メートル以上)が確保できる場合にはマスクを外しましょう。

こまめに水分補給しましょう

 〇のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給をして、激しい運動や作業を行った時など、たくさん汗をかいた時は塩分も補給しましょう。

日ごろから健康管理をしましょう

 〇日ごろから体温測定や健康チェックを行い、体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養しましょう。

暑さに備えた体づくりをしましょう

 〇水分補給は忘れずに、無理のない範囲で暑くなり始めの時期から適度に運動しましょう。

熱中症に関するサイト

お問い合わせ

保健福祉課 保険健康係
住所:出雲崎町大字川西140番地
電話番号:0258-78-2293
ファクス:0258-78-4483

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード
お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。