新生児聴覚検査費助成

公開日 2017年09月29日
最終更新日 2018年03月13日

事業内容

聴覚障害の早期発見を目的として、新生児に行うスクリーニング検査(新生児聴覚検査)の費用を助成します。

新生児聴覚検査とは

新生児の聴覚障害を早期に発見するために実施します。聴覚障害を早期に発見し、適切な援助を開始することは、コミュニケーションの形成や言語発達の面でとても大切です。

助成対象

平成29年4月1日以降に出生し、医療機関において新生児聴覚検査を受けた子どもの保護者

検査方法

原則として出生後1か月以内に受ける「自動聴性脳幹反応(AABR)」または「耳音響放射(OAE)」

助成額

6,000円(上限)
※検査の費用が6,000円に満たない場合は、実際に検査に要した額を助成します。
※再検査および精密検査以降の費用は全額本人負担となります。

申請方法

次のものを持参のうえ、保健福祉課保険健康係で申請の手続きをしてください。

  • 印かん
  • 新生児聴覚検査の領収書(医療機関への支払いを済ませてください)
  • 母子健康手帳(聴覚検査の結果が確認できるもの)
  • 申請者名義の振込先金融機関名、口座番号

申請期間

検査を受けた日から3か月以内に申請してください。

お問い合わせ

保健福祉課 保険健康係
住所:出雲崎町大字川西140番地
電話番号:0258-78-2293
ファクス:0258-78-4483
お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。